ピンクリボンとスクーンカップ:乳ガンと闘う女性達のために

 

乳ガンのための啓発キャンペーン、ピンクリボンにちなんで、スクーンカップではピンク色の "ホープ" カップを限定発売。売上の10%は米国のNPO団体 Living Beyond Breast Cancer (「乳ガンを超えて生きていく」の意)に寄付されます。


10月は乳ガンの啓蒙月間。乳ガンと闘う女性達のためのサポートグループ、Living Beyond Breast Cancer (www.LBBC.org) では早期発見のための検診の啓発をはじめ、さまざまなサポート活動を行っています。


日本でももう有名なピンクリボン、これはまだ乳ガンについての研究が進んでいなかった1980年代のアメリカの小さな町で、乳ガンで信田女性の母親が、この女性のむすめである実孫に、同じ悲しみを繰り返さないよう、願いを込めてピンク色のリボンを手渡したことから発祥したと言われています。


乳ガンは女性のガンの中で最も発生率の高いガンで、日本でも乳ガンの発生率は年々増加の経過にあります。正しい知識をもって、早期発見の検査を定期的に受けるよう(そて自分でも毎月触診するよう)私たちにもできることはたくさんあります。

 



(出典:認定NPO法人J.POSH日本乳がんピンクリボン運動




スクーンではこの願いを込めて、この10月の啓蒙月間にピンクカラーの月経カップ限定発売し、現在プレオーダーを受けています。たくさんのサポートをどうぞよろしくお願いいたします。








コメントを残す

コメントは承認され次第、表示される前に承認される必要があります。